思考は揺らめく道化師の羽

読んだ本と琴線に触れた音楽を綴る場所。かつて少年だった小鳥にサイネリアとネリネの花束を。

音楽

もし私がDJをするのならば今掛けるセトリ。

夕映/GOOD ON THE REELバウムクーヘン/フジファブリックSunrise (re-build)/ぼくのりりっくのぼうよみSTAY/KEYTALKCold Sun/AimerM/サカナクションToneless Twilight/ストレイテナーディープブルー/秦基博alongside/BIGMAMA渚/スピッツイヤな事だらけの世の…

空も飛べるはず。

子どもの頃、空「を」飛べるはずじゃないかと思っていた。そんな訳はなかった。ただの思い違いだったと理解するには、私はまだ幼すぎた。もともと「めざめ」という名を授けられたこの曲は、まさしく生まれたての赤子の目覚めのようだ。まるでこの歌に翼が生…

殺伐な世界に歌の花を咲かせたい。

人はなぜ、音楽を作るのだろう。この世に音楽が存在しなければ、私はとうにこの世にいなかった。基本的に、世の中が殺伐としている時に音楽は良くなる。音楽に限らず、人間が作り出すものが世界を変える、というのはいつでも人間が困窮している時だ。今は本…

「この世界にアイは、」

i(アイ)作者: 西加奈子出版社/メーカー: ポプラ社発売日: 2016/11/30メディア: 単行本この商品を含むブログ (9件) を見る 「この作品には悲しみも、 苦しみも、何もかもすべてひっくるめて愛せるだけの強靭さと優しさがある。」今だからこそ書きたいと思った…

好きなバンドについて語ってみる。

お題「好きなバンド」多すぎて困るのだが、今回はピンポイントに絞って、何度も語っているスピッツについて語ってみよう。名付けて、「とげまるとさざなみCD、どっちが好き?」…いきなりとげまるとさざなみCD、どちらが好きかと言われたらすぐには決断できな…

まっすぐにさせる者の歌は悲しい世界に彩りを与える。

オルゴールのように流れる音楽が好きだ。何もかもに打ちひしがれた時、色んな思い出とともに音楽がよみがえってくる。そしてまた、勇気を得て、日常に戻る。ストレイテナーの音楽はそういった気分にさせる天才だ。あなたの心が打ちひしがれるぐらい切なく、…

売れるロックバンドを予測する。

リクエストがあったので、少し触れてみようと思う。売れるロックバンドには、少なからず共通項がある。 一番は「キラーチューンを一つ以上最初からもっているか」。その次に 「メッセージ性が強い、もしくは聞き手にその意図が分かる楽曲を持っているか」最…

個人的最新セトリ。

モーンガータ/アンテナムーンソング/Alexandros桃/スピッツ惑星ループ/ナユタン星人なつかしい人/HINTO朝焼けに/アルコサイト疑問疑答/感覚ピエロメランコリア/phonon唄う/WOMCADOLEVoice/雨のパレードだから僕は僕を手放す/WEAVER

最後の注文に乗り遅れるな。

Cherishアーティスト: LASTorder出版社/メーカー: PROGRESSIVE FOrM発売日: 2016/11/13メディア: CDこの商品を含むブログを見る人生を覆す音楽に遭遇してしまった。今までの音楽って一体、一体なんだったんだ? あちこち音楽を聴きながらサイトを巡っていた…

成長こそ一番の糧。

本当に素敵な音楽は(音楽に限らずとも、)時代を象徴し、時代を乗り越えてゆくものだと思っている。良いもの、流行のものが次々と生まれては消えていく世界の中で、もう、何度も言われてきた言葉かもしれないけれど。 「流行のものが、必ずしも良いとは限ら…

肉体の消滅を謳う。

doukesinohane.hatenablog.com前回の記事の続きになる。密やかな結晶 (講談社文庫)作者: 小川洋子出版社/メーカー: 講談社発売日: 1999/08/10メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 79回この商品を含むブログ (108件) を見る肉体の消滅、というと、何か堅苦しく…

とあるカラオケ店にて 3

「はい、お久しぶりに来ました!毎度おなじみ、みんな大好きカラオケ大会でございます」「今回の音楽はこちら!アルクアラウンド」「歩く+アラウンド(周り)って意味なんだよね」「walk around(歩き回る)っていう熟語とかけてるんだと思う」「奥が深いです…

あるバンドマンが辿った読書の軌跡。

それは、偶然というしかなかった。彼の文章と音楽に出会った時、私は恐れ慄いた。あまりにも、今まで読んだ本や音楽と考え方が違っていたので。他のアーティストとはかけ離れた世界観を持っていたから。★十九歳の地図 (河出文庫 102B)★カッコーの巣の上で (…

夏の囃子に曝され全てを失ったとて。

Behind The Sceneアーティスト: ストレイテナー,Atsushi Horie出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック発売日: 2014/10/22メディア: CDこの商品を含むブログ (6件) を見る(暇なのと)手ごろな解釈サイトが無かったので、私が勝手に解釈した78-0について…

個人的ガチセトリ、再始動。

気が合う人を募集しております。 SAD AND BEAUTIFUL WORLD/ストレイテナー迷走/GOOD ON THE REELTRABANT/スピッツyellow/mol-74Answer the door/She Her Her Hers嘘/秦基博目が明く藍色/サカナクションメテオ/Over The Dogs解毒される樹海/the cabs信者よ盲…

人を憎しみから救うために。

しがみ付くことは、憎しみや悲しみから生まれる。確かにそこから生まれる名作もある。しかし、それらは刺激が強すぎる。簡単に言えば、病み付きになってしまうということだ。もっと悲しみも深い悲しみではなく、もっと普通の悲しみだったらいいのに。喜びも…

来る日と去る日の前に捧げる三曲。

来る日と去る日の前に、黙とう。「no 命の跡に咲いた花」、「金色の螺旋」、「花 -Mémento-Mori- 」。 これは当たり前ながら実際にあった出来事で、決して忘れてはいけないことだ。「もう、二度とこのような悲劇が繰り返されませんように」八月六日上々天気…

どうか、僕が僕のままあり続けられますように。

kikUUiki(初回限定盤)アーティスト: サカナクション出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント発売日: 2010/03/17メディア: CD購入: 10人 クリック: 416回この商品を含むブログ (201件) を見る どれほど聴いたのだろうか。シーラカンスと僕。未だに、これ…

今一度、フェスと音楽について考えてみる。

フェスが肥大している。バブル期を髣髴とさせるように、アーティストが大量に放り込まれ、規模が膨れ上がっている。もう、ここまできてしまったか。大量に溢れかえったアーティストから、自分のお気に入りを見つけることが大変難しくなっている。その原因の…

少年性を秘められた物語を探す。

少年性を秘めた作品は消費されにくい。と同時に、危うい。純粋であるがゆえに、いつ何かの衝撃に耐えかねて崩壊してしまうか分からないからだ。例えば、それはスピッツ。初期のサカナクション。現在のストレイテナー。砂糖を甘く煮詰めたような音楽。分かり…

セトリ至上主義。

セトリ(セットリスト)の選曲と、アルバムの選曲にこだわるのが昔からの習慣だ。なぜこだわるのか。単純だが、自分が好きな曲を演奏してほしいからに他ならない。だから今年、二、三のアーティストが最高傑作のアルバムを作っているので、羨ましくてならな…

不確かな世界に向けて二つのさよならを

「二つのグッドバイについて、話をしようか。」グッド・バイ (新潮文庫)作者: 太宰治出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2008/09メディア: 文庫購入: 7人 クリック: 27回この商品を含むブログ (69件) を見るバスの中で揺られながら、本を読んでいた。太宰治の「…

とあるカラオケ店にて 2

「粉雪で冷やせばいいじゃん。清く淡い心で白く染めてしまえ」「誰があんなキー高いの歌うんだ」「俺が行きます。こなあああああゆきいいいいいい(裏声)」「やめろー!」「いい加減にしないとフォーリミ歌わせるぞ、お前ら。swimもまっとうに歌えねえだろ…

とあるカラオケ店にて。

(カメラ目線で)「えー、それでは聞いてください、アジカンで、新世紀のラブソング、どうぞ」「高まるぅ!」「サカナクションでアドベンチャーいただきました」「えー、皆さん聞いてください、みんなおなじみ、サザンでミス・ブランニュー・デイ」「いやそ…

スピッツに出会うまで。

きっかけは一枚のCDだった。CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection(通常盤)アーティスト: スピッツ出版社/メーカー: Universal Music =music=発売日: 2017/07/05メディア: CDこの商品を含むブログ (1件) を見るこれである。テレビで懐メロ紹…

ライブ後の興奮の熱が冷めやらぬ中で。

久しぶりに「ハコ」に行ってきた。そこで目にしたのは、純粋に音楽を楽しむバンドマンの姿だった。素のままの、策略とかなにも関係なしに、ただひたすら「かっこいい」を貫く姿。煙草の香りが立ちこめ、時刻を告げる青白いネオンがぴかぴかと輝いていた。天…

私の人生を変えた究極の音楽7選。

あちこち他の曲の感想を書いていたり書き直した文章もありで長くまとまりがまるでない雑記ですが、それでもよろしければどうぞ。 シーラカンスと僕/サカナクションミスチルの深海とはまた別の傑作。灰色のビル、窒息しそうなニュース、夜の深く冷たくて暗い…

あったら欲しいバンドグッズ、独断と偏見にて。

フレデリック柄ビデオテープ型マステ(SPAM生活&リリリピートver)KEYTALKのアンティーク人形@スターリングスターver.雨のパレード雨傘@stage&new place ver・(おそろいでレインブーツ付き)サカナクション@シーラカンスくんのでっかいぬいぐるみ付き…

声が消え失せた青年が遺せるものは?

腕を失ったピアニスト。文字を書くことができない小説家。声を失った音楽家。もし、あるはずだったものが根こそぎ奪われたのなら、その人の価値はいったい何で測るのだろうか。その人が残してきた作品だろうか。はたまた、その人の人間性だろうか。 雨のパレ…

鋼鉄の翼と心臓を授けられし者。

神話を読むとき、私はもし彼らがこの時代に生きていたら何を考えるのだろうと想像する。今の時代を神は嘆くのだろうか。はたまた、喜び嘲るのか。その神になったかのような感覚を抱くことができるのがat (liberty)だ。悲劇をもろともせず、鋼鉄で出来た心臓…