思考は揺らめく道化師の羽

読んだ本と琴線に触れた音楽を綴る場所。かつて少年だった小鳥にサイネリアとネリネの花束を。

利益だけが正解ではない

私たちはいつしか、大切なものを忘れてしまった。

儲けや利益を最優先にして、一番大切なものをないがしろにしてきた。

今なら分かる。利益はあとからついてくるものであって、追い求めるものではない。

自分のために本をコレクションし、飾り立てて読もうとしない男、

本を裁断して要らないところを切り捨てようとする人、

自分が正しいことを押し付けようとする人。
(本人は自分の意見だけを盲信し、目隠しをされて盲目になっているので、本当に正しいことかどうかを理解するまでに膨大なヒントと時間がかかる。)

私もその内の一人だった。

そのものが好きという感情はそんな理屈で説明できるものではない。

理屈を並び立てることは美しいことではない。

大事なのは好きな気持ちを追い求め、

それを叶えるための努力をすることだと。

今まで私の目を覆っていた暗闇が晴れてゆくようだった。


本を守ろうとする猫の話

本を守ろうとする猫の話