思考は揺らめく道化師の羽

読んだ本と琴線に触れた音楽を綴る場所。かつて少年だった小鳥にサイネリアとネリネの花束を。

A MASKED BALL

自分でも半ば忘れかけていたが、私は乙一馬鹿である。

学生時代に乙一しか読まなかった時代があるぐらい、彼の熱烈なファンである。

最初に手に取ったZOOの「陽だまりの詩」が好きで、そこからむさぼるように読んでいった。

語り過ぎたらネタバレのオンパレードになるので、内容には触れないようにしておく。

おすすめは小生日記。ブログを本にしたものである。

どこかで見たことがある文体と話だな、と思ったら川上弘美の椰子・椰子だった。

どちらも半分嘘と現実が入り混じった奇怪で魅力的な本である。

あれが好きな人はド・ストライクするかもしれない。

山白朝子・永田栄一と深い関係がある作家でもある。

気になったら是非。