思考は揺らめく道化師の羽

読んだ本と琴線に触れた音楽を綴る場所。かつて少年だった小鳥にサイネリアとネリネの花束を。

傑作だらけの音楽に溺れる。

もう出る作品作品が神がかっていて、もうどれにしようか迷う!ってぐらいです。お財布とは常に相談していますが。ストリーミングと某ようつべさんにはお世話になっております。こんなにいっぱい素晴らしい作品が出ているから、今の波に乗っからないのは私が…

それでも三月はまたやってきて、僕らは歌を歌っているんだ。

あれから七年も経つ。あの日。世界が否応がなしに無慈悲な暴力によってすべてが塗り替えられてしまった。水が買い占められ、テレビは同じACのCMしか流れず、全てが混乱の境地に置かれていた。そんな想像も出来ないような強大な力に対抗するために、私たちが…

蛾は蝶と同一なんだって

フラッター:スターライト 出版社/メーカー: Runawayplay - NHNZ 発売日: 2018/02/27 メディア: アプリ この商品を含むブログを見る 振り替えったら、ゲームしかやっていなかった。 ということに気づきました。ありがとうございます。 フラッタースターライト…

初めて聴く人に捧ぐ、バンドの曲をひとつ挙げるなら。

基準はインパクトがあって、世界観が広がるもの。 基本的に歌詞重視。 そのアーティストらしくないものが混じっていてもそれもまたご愛嬌。 これさえ聞いていればきっと良さが分かる。はず。ハトガヤ・ゲットー/cinema staff ワンルーム叙事詩/amazarashi 78…

熱に醒めた魚(うお)は独り、大海を目指し泳ぐ。

New generationアーティスト: 雨のパレード出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント発売日: 2016/03/02メディア: CDこの商品を含むブログ (3件) を見る 何となく体を揺らして、リズムに合わせて踊る。どうやら彼は周りから少し離れた場所から世界を見て…

記憶の中から歌を10、掘り出して語る。

1 here i am /Dragon Ash2ホタル/スピッツ3白波トップウォーター/サカナクション4夕映/GOOD ON THE REEL5ghost in the rain/The HIATUS6ジュブナイル/amazarashi7diachronic/Nothing's Carved In Stone8sad&beautiful world/ストレイテナー9待ちわびた音色/…

『絶望とは未来にあるのではなく、その人間の過去の集積として、彼の行く手に置かれたものである。』

白石一文は「記憶」と深く結びついている。 このテーマは神林長平(所詮言語SFと呼ばれるものだ)や山田宗樹も取り上げていて、 彼らは共に「生命の記憶」、生まれてから死ぬまでに魂に染み付いた記憶について述べている。 人は一人ひとりそれぞれ唯一無二の…

こめかみに銃を当てた少年は、大人になれない子どもたちが待つ汽車に乗る。

今思うとガリレオというバンドは年齢の割に遥かに達観していたと知る。僕から君へアーティスト: Galileo Galilei出版社/メーカー: SME発売日: 2011/01/19メディア: CD購入: 1人 クリック: 5回この商品を含むブログ (7件) を見るたった一回だけライブに行った…

僕は捨てた夢を拾い集めることにした。

絶体絶命(通常盤)アーティスト: RADWIMPS出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン発売日: 2011/03/09メディア: CD購入: 1人 クリック: 17回この商品を含むブログ (37件) を見るRADWIMPS3~無人島に持っていき忘れた一枚~アーティスト: RADWIMPS出版社/メ…

サカナクションでこれだけは聞いてほしいおすすめ曲10曲。

新宝島から入った人も、アルクアラウンド、アイデンティティから入った人も、(多分、)風から入った人も、三日月サンセットからずっと好きな人も、サカナ好きな全ての人にお勧めする10曲。(アルクアラウンド、アイデンティティ、ルーキーは都合により割愛…

村上春樹とスピッツに共通する、「絶妙な既視感」。

1Q84 BOOK 1作者: 村上春樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2009/05/29メディア: 単行本購入: 45人 クリック: 1,408回この商品を含むブログ (1265件) を見る絶妙な既視感、という物がある。それは「はじめて見た(聴いた)のに、生まれる前から知っていたよ…

好きな作家は何ですか?好きな本は?

お題「好きな作家」という訳で、少し語ってみることにする。現実と夢想の境界を彷徨うのは川上弘美で、私は彼女が生み出すへんないきもの(大概、のようなものと呼ばれる。の・ようなものではない)が好きだから読んでいるようなものだ。神様に出てくるくま…

その声は蝙蝠の翼と鷲の鉤爪を併せ持つアプラクサスだった。

NUMBER SEVENアーティスト: THE PINBALLS出版社/メーカー: COLUMBIA発売日: 2017/12/06メディア: MP3 ダウンロードこの商品を含むブログを見る どうしても何か影を併せ持つものに吸い寄せられてしまう。 欲望、狂気、純粋…。そういったものは強烈な刺激であ…

私は光のパイプオルガンを弾きたい。

今ここにある光、今ここにある君こそ、全ての君だ。 君がすべてに絶望することさえなければ、 この世界はいかなるところでも息を吹き返すチャンスを与えてくれるのだ。 希望を与えるのも、失わせるのも自分なのだ。君は君自身に与えられたありったけの考えと…

年末を振り返る。

今年はとにかく「動く」一年だった。精神的にも追いつめられて、余計なことを言って八つ当たりしたこともあった。環境が目まぐるしく変わり過ぎて、全くと言っていいほどついていけてない。仕事が変わったり、自分でも知らなかった自分のことを知ってショッ…

ぶきっちょさんでも出来る簡単可愛いしおりの作り方まとめ。

元ネタはこれ。単語帳とマスキングテープで作るしおりがカワイイ! - ブックオフオンラインコラム用意するもの単語帳(百均で買えるもので十分。必ず白いものを。方眼紙は裏映りするのでダメ)リボン(なるべく細いもの。)マステ(宇宙柄が一番使い勝手が良…

もし私がDJをするのならば今掛けるセトリ。

夕映/GOOD ON THE REELバウムクーヘン/フジファブリックSunrise (re-build)/ぼくのりりっくのぼうよみSTAY/KEYTALKCold Sun/AimerM/サカナクションToneless Twilight/ストレイテナーディープブルー/秦基博alongside/BIGMAMA渚/スピッツイヤな事だらけの世の…

空も飛べるはず。

子どもの頃、空「を」飛べるはずじゃないかと思っていた。そんな訳はなかった。ただの思い違いだったと理解するには、私はまだ幼すぎた。もともと「めざめ」という名を授けられたこの曲は、まさしく生まれたての赤子の目覚めのようだ。まるでこの歌に翼が生…

「この世界にアイは、」

i(アイ)作者: 西加奈子出版社/メーカー: ポプラ社発売日: 2016/11/30メディア: 単行本この商品を含むブログ (9件) を見る 「この作品には悲しみも、 苦しみも、何もかもすべてひっくるめて愛せるだけの強靭さと優しさがある。」今だからこそ書きたいと思った…

好きなバンドについて語ってみる。

お題「好きなバンド」多すぎて困るのだが、今回はピンポイントに絞って、何度も語っているスピッツについて語ってみよう。名付けて、「とげまるとさざなみCD、どっちが好き?」…いきなりとげまるとさざなみCD、どちらが好きかと言われたらすぐには決断できな…

まっすぐにさせる者の歌は悲しい世界に彩りを与える。

オルゴールのように流れる音楽が好きだ。何もかもに打ちひしがれた時、色んな思い出とともに音楽がよみがえってくる。そしてまた、勇気を得て、日常に戻る。ストレイテナーの音楽はそういった気分にさせる天才だ。あなたの心が打ちひしがれるぐらい切なく、…

売れるロックバンドを予測する。

リクエストがあったので、少し触れてみようと思う。売れるロックバンドには、少なからず共通項がある。 一番は「キラーチューンを一つ以上最初からもっているか」。その次に 「メッセージ性が強い、もしくは聞き手にその意図が分かる楽曲を持っているか」最…

個人的最新セトリ。

モーンガータ/アンテナムーンソング/Alexandros桃/スピッツ惑星ループ/ナユタン星人なつかしい人/HINTO朝焼けに/アルコサイト疑問疑答/感覚ピエロメランコリア/phonon唄う/WOMCADOLEVoice/雨のパレードだから僕は僕を手放す/WEAVER

最後の注文に乗り遅れるな。

Cherishアーティスト: LASTorder出版社/メーカー: PROGRESSIVE FOrM発売日: 2016/11/13メディア: CDこの商品を含むブログを見る人生を覆す音楽に遭遇してしまった。今までの音楽って一体、一体なんだったんだ? あちこち音楽を聴きながらサイトを巡っていた…

お気に入りの一行 2

「胸の中にある海はね、荒れた日の濁った海じゃなくて、明海らしく、できるだけあかるくて、青くて、澄んだ海にしておくんだよ」「自分の人生を愛せないと嘆くなら、愛せるように自分が生きるしかない。」ーきらきら眼鏡/森沢明夫わたしは人見知りをする性質…

読んだお気に入り本を列挙する。

朝井リョウ 「星やどりの声 (角川文庫)」朝吹真理子「流跡 (新潮文庫)」綾瀬まる「朝が来るまでそばにいる」「やがて海へと届く」いしいしんじ「プラネタリウムのふたご (講談社文庫)」「ぶらんこ乗り (新潮文庫)」伊坂幸太郎「砂漠 (新潮文庫)」「チルドレ…

人生を後悔しないためにも、本気で読んでいた方が良い本

今週のお題「読書の秋」きりこについて (角川文庫)作者: 西加奈子出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2011/10/25メディア: 文庫この商品を含むブログ (15件) を見る告白 (中公文庫)作者: 町田康出版社/メーカー: 中央公論新社発…

肉体の消滅を謳う。

doukesinohane.hatenablog.com前回の記事の続きになる。密やかな結晶 (講談社文庫)作者: 小川洋子出版社/メーカー: 講談社発売日: 1999/08/10メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 79回この商品を含むブログ (108件) を見る肉体の消滅、というと、何か堅苦しく…

あるバンドマンが辿った読書の軌跡。

それは、偶然というしかなかった。彼の文章と音楽に出会った時、私は恐れ慄いた。あまりにも、今まで読んだ本や音楽と考え方が違っていたので。他のアーティストとはかけ離れた世界観を持っていたから。★惑いの森 (文春文庫)★十九歳の地図 (河出文庫 102B)★…

死を悼む二人の者たちについて。

ストレイテナーの物語は悲しむことに重点を置いた話が多い。以前にも記事として書いた78-0にも、明くる日のピエロにも言えることで、ネクサスに収録されているLightningには主人公の体が消えることが仄めかされている通り、そこには何者かの死の趣が濃い。死…