思考は揺らめく道化師の羽

読んだ本と琴線に触れた音楽を綴る場所。かつて少年だった小鳥にサイネリアとネリネの花束を。

売れるロックバンドを予測する。

リクエストがあったので、少し触れてみようと思う。

売れるロックバンドには、少なからず共通項がある。


一番は「キラーチューンを一つ以上最初からもっているか」。

その次に
「メッセージ性が強い、もしくは聞き手にその意図が分かる楽曲を持っているか」

最後に「独特の世界観=良くも悪くも曲者感があるか」

だろう。

この最後が曲者で、ここが強すぎるとアーティスト側が伝えたいことが分からず、

聞き手に「意味が解らない」と言われて音楽自体を聴いてもらえなくなるから注意が必要だ。


とりあえず、今売れてる(であろう)アーティストを三つだけ述べてみよう。

例として、むちゃくちゃ分かりやすい彼らを参考に、少しだけ研究してみよう。

Alexandros

THE ORAL CIGARETTES

KEYTALK

この三バンド、実は似てなさそうで傾向がかなり酷似している。


一つは「曲者」。

メンバーも曲も癖(アク)が強く、覚えられやすい。

アクの強さを分かりやすく言うと、「ドラムの顔と名前まで覚えられるか」だ。

ここでは割愛しよう。

後もう一つは「キラーチューンの強さ」。

デビューして一年も経たない間に「一回聞いたら分かる」キラーチューンが発明されているかがカギだ。

それも一つだけじゃ足りない。少なくとも二つ以上は作っておいた方が良い。

それぞれキラーチューン二種と、主なアンセムを()内に示したので見ていこう。


Starrrrrrr/kill me if you can(ワタリドリ)

A-E-U-I/狂乱 Hey Kids!!(5150)

パラレル/コースター(MONSTER DANCE)


それともう一つ。「情緒がある作品があるか」だ。

三バンドで例を挙げてみよう。


city/kids

通り過ぎた季節の空で/エイミー

MURASAKI/センチメンタル


必ず余韻がある作品があることがわかるだろう。

それを踏まえて、これから売れる可能性が高いアーティストを述べよう。


感覚ピエロ

文句なしの「曲者」。

これから先、情緒がある作品ができれば完璧。

疑問疑答以上の作品が出てくれば、必ずシーンをかっさらってゆくだろう。


アルコサイト

「朝焼けに」のキラーチューン感がすさまじい。

この曲以外にも彼らの武器となる曲が欲しい。「一発屋」を免れないためにも。

しっとりと歌うバラードはこの先作れるようになるだろう。


雨のパレード

(色んな意味で)ポストサカナクションを脱却すれば、きっといろんなアーティストを奪えるようになるだろう。

福永浩平=「曲者」っといってもおかしくないぐらいの強烈な個性。

stageが強力なアンセムだったので、これを凌ぐか同等の曲が欲しい。


保留。

Ivy to Fraudulent Game

「徒労」「夢想家」だけで既存のアーティストを抜いている。

ボーカルも圧倒的な存在感を放ち、ポストthe cabsというのも納得。

だが、それが万人受けするかは別の話。

吉と出るか。凶と出るか。

私は好きです。


MONO NO AWARE

聞いた瞬間に感じる、どうにもこうにも「曲者」感。

後は「イワンコッチャナイ」。

オウガばりに先が読めないバンド。

個人的最新セトリ。

モーンガータ/アンテナ

ムーンソング/Alexandros

桃/スピッツ

惑星ループ/ナユタン星人

なつかしい人/HINTO

朝焼けに/アルコサイト

疑問疑答/感覚ピエロ

メランコリア/phonon

唄う/WOMCADOLE

Voice/雨のパレード

だから僕は僕を手放す/WEAVER

月が輝く夜、ふと思う。

月光の輝きというものは、普遍的だ、と。

そんなことを何で思ったかというと、今日読んだ本に「月」にまつわる言葉が、二冊続けてあって、

ああ、月は人間に永遠に美しいと思われるものなんだな、としみじみしたのだ。

つまり、月を題材にすると必ずヒットする、ということでもある。

月の美しさや妖しさを最大限に引き出した作品を書けばいいのだ。

透明な月、ガラス細工のような月、白い月、とにかく何でも書き出して、イメージや世界観を膨らませて、結び付けてゆく。

そこに青や蝶などがイメージされればいい。儚さ、恋や切なさも含めればもっともっといい。

一番いいのは幻想的な世界観だ。

私もそんな人を魅了する作品ができればいいのだけれど。


そんな訳でモーンガータやムーンソングをBGMにして文章を打っている。やはり名曲。

最後の注文に乗り遅れるな。

Cherish

Cherish

人生を覆す音楽に遭遇してしまった。

今までの音楽って一体、一体なんだったんだ?


あちこち音楽を聴きながらサイトを巡っていたら遭遇した。

その名も、LASTorder(ラストオーダー)。

まだ私は三曲程度しか聴いていないが、確実に持っていかれた。

え、そんな馬鹿なって?狐につままれたようだって?

言葉で説明できないので、とにもかくにも一回聴いてほしい。それから記事を読むので全然かまわない。



「生きているうちにこの音楽に出会えて、良かった。」

この音楽はもはや、音楽どころか神の域まで到達してるんじゃなかろうか。誇張抜きで。

お気に入りの一行 2

「胸の中にある海はね、荒れた日の濁った海じゃなくて、明海らしく、できるだけあかるくて、青くて、澄んだ海にしておくんだよ」

「自分の人生を愛せないと嘆くなら、愛せるように自分が生きるしかない。」ーきらきら眼鏡/森沢明夫

わたしは人見知りをする性質だ灯台守の話/ジャネット・ウィンターソン

「今になる、蛇になる、きっとなる、笛が鳴る」「深くなる、夜になる、真直になる」夢十夜/夏目漱石

たとえ不満を持ってても、自分の人生が苦しいと思ってても、最後まで生きなさいよ。ー教団X/中村文則

メモ:とある病気の特徴(あくまでも一例)

勉強として。少しでも苦しんでいる人の助けとなれば。

○アニメに嵌りやすい(例外有)
○口が悪い
○思っていたことをすぐに口に出す
○感情が表に出やすい、あるいは無表情
○失礼な言葉を口にしやすい
○普通の人と感覚が違う
→生活に支障をきたす
○手先が器用かおそろしく不器用
○記憶力が良い
○運動神経が悪い
○特徴的な行動、言動を取る
○悪い記憶がフラッシュバックしやすい
○感覚過敏、味覚過敏
○変化に弱く頑固

→誰かのサポートがあれば治る、もしくは改善する
本人はかなり苦労する、分かってもらえない
→非常識な人と思われる

決して咎めるためではありません。理解のためです。

家畜化される子供たち。

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

※ネタバレ注意!

もし、自分が自分じゃなく、誰かのなり替わりだということが分かったなら、どう生きるのだろう。

なり替わりの人間にだって人権はある。

だってその人間は生きているのだから。

生きていて、会話もしているのだから。心臓が脈を打っているのだから。

それでも牛や豚と同じように、半ば家畜と化し、ヘールシャムという養成所で大切に飼われる子供たち。

最初に読んだ時、私はそのあまりにもむごい状況を「胸糞が悪い」と切り捨てた。

でも今は違う。「なんて悲しいんだろう」という言葉しか出てこない。

これが臓器移植を心待ちにしている人だったらどうだろう?

愛する我が子が心臓の病を患っていて、誰かの脳死を待たなくてはならないとき、

それでも誰かの死を待ち望めるのだろうか?

臓器を提供するためだけに生かされた子供たちを殺せるのだろうか?

かなり倫理観が問われることになるだろう。

それでも、嘘でもいいから愛してほしい。

クローンとしての愛ではなく、一人の人間として愛してほしい。

彼らはオリジナルのように、実の母親には抱かれない。

抱かれて「オーベイビー、オーベイビー、私を離さないで」なんて歌われない。

誰かが、たとえクローンであっても悲しむ未来なんていらない。

iPS細胞のような、「自らの身体の一部」を使ったテクノロジーがもっと普及しますようにと、切実に願うばかりだ。