思考は揺らめく道化師の羽

読んだ本と琴線に触れた音楽を綴る場所。かつて少年だった小鳥にサイネリアとネリネの花束を。

雑記

ゲームと本と、時折音楽(近況)。

ただひたすらグラブってました。はい。いらねえよという声が聞こえてきそうですが簡潔に。GRANBLUE FANTASY The Animation 7(完全生産限定版) [DVD]出版社/メーカー: アニプレックス発売日: 2017/11/29メディア: DVDこの商品を含むブログを見るエリンとエル…

この先私たちに必要とされるものは「新しい可能性を求める物語」であり、「お金で買えない経験」である

2018年は私の感覚でいうと「新しい価値が生まれる」年だと思っている。新しい可能性。これは、分かりやすい言葉でいうと「今まで見たこともなかった新しい視点(見方、価値観、とらえかた)を与える」ということだ。りんごの切り方で例えてみよう。りんごは…

価値判断のもの差しを外して叩き割ろう。

「その情報に価値はありますか?」「なんのためにやってるんですか?」「役に立つ情報が知りたいんですが」もう、そんな話は止めた方が良い。もうそんな価値判断はあてにならない。一年前には見向きもされなかったモノ(事)が、一瞬で有名になるということ…

蛾は蝶と同一なんだって

フラッター:スターライト 出版社/メーカー: Runawayplay - NHNZ 発売日: 2018/02/27 メディア: アプリ この商品を含むブログを見る 振り替えったら、ゲームしかやっていなかった。 ということに気づきました。ありがとうございます。 フラッタースターライト…

今居場所のない全ての人に言う。

そこの君、そう君だ。君に言いたいことがある。どんなに辛くても、どんなに馬鹿にされても、自分の信念だけは捨てるんじゃないよ。好きなものを馬鹿にされても続けていくんだよ。笑いたい奴は笑わせとけばいい。後でそれが倍になって相手に返ってくる。ダメ…

短刀直入に「好きなもので食っていくことは難しい」と言われた、後日談。

「あなたにとって好きなもので、あなたが食べていけるのははっきり言って難しいですね」とまあ、ご丁寧に言われた。「あなたにはほかに得意なことがあるから、それを仕事にしていけばいいんじゃないですか?それか、仕事をしながら続けていけばいつか誰かに…

せめて私は命を吹き込みたい。

もっと自分が好きなことを。もっと自然を愛することを。もっと人と分け与えることを。考えなきゃ。自分が作り出したものには責任をもって命を吹き込まなくちゃ。魂を。心を。ぼさっとしていて忘れてしまっていたよ。いちばん大切なことをすっぽかして、重要…

@真鶴を考察する。

真鶴には果てがない。確かにそこには初めも終わりも存在するのだが、 どうしたことか無限の広がりがある。夫を失った女性が、「ついてくるもの」と向き合い、克服する話と言ってしまえば 簡単なのだが、どうもそれだけでは留まらない雰囲気がある。ー主人公…

こめかみに銃を当てた少年は、大人になれない子どもたちが待つ汽車に乗る。

今思うとガリレオというバンドは年齢の割に遥かに達観していたと知る。僕から君へアーティスト: Galileo Galilei出版社/メーカー: SME発売日: 2011/01/19メディア: CD購入: 1人 クリック: 5回この商品を含むブログ (7件) を見るたった一回だけライブに行った…

僕は捨てた夢を拾い集めることにした。

絶体絶命(通常盤)アーティスト: RADWIMPS出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン発売日: 2011/03/09メディア: CD購入: 1人 クリック: 17回この商品を含むブログ (37件) を見るRADWIMPS3~無人島に持っていき忘れた一枚~アーティスト: RADWIMPS出版社/メ…

サカナクションでこれだけは聞いてほしいおすすめ曲10曲。

新宝島から入った人も、アルクアラウンド、アイデンティティから入った人も、(多分、)風から入った人も、三日月サンセットからずっと好きな人も、サカナ好きな全ての人にお勧めする10曲。(アルクアラウンド、アイデンティティ、ルーキーは都合により割愛…

弱きものは、強いものだ。

あなたが一番憧れている人を思い浮かべてほしい。 彼らはきっと、何かしらあなたにとって魅力があることだと思う。 なぜ、魅力的か。 それは、人より弱いからだ。 人より何倍も繊細で優しいからだ。 人より何倍も努力したからだ。 彼らは人から全く理解され…

好きな作家は何ですか?好きな本は?

お題「好きな作家」という訳で、少し語ってみることにする。現実と夢想の境界を彷徨うのは川上弘美で、私は彼女が生み出すへんないきもの(大概、のようなものと呼ばれる。の・ようなものではない)が好きだから読んでいるようなものだ。神様に出てくるくま…

『笑われたら、笑い返せばいい』

「きみはときどき自分をふうがわりだと考え、 たいていの人たちと違った道を歩んでいる自分を非難する。 そんなことは忘れなければならない。」ーデミアンどんなにけなされても、みじめに思っても、笑われても、立ち上がって光るその姿は格好良い。「孤独で…

私は光のパイプオルガンを弾きたい。

今ここにある光、今ここにある君こそ、全ての君だ。 君がすべてに絶望することさえなければ、 この世界はいかなるところでも息を吹き返すチャンスを与えてくれるのだ。 希望を与えるのも、失わせるのも自分なのだ。君は君自身に与えられたありったけの考えと…

年末を振り返る。

今年はとにかく「動く」一年だった。精神的にも追いつめられて、余計なことを言って八つ当たりしたこともあった。環境が目まぐるしく変わり過ぎて、全くと言っていいほどついていけてない。仕事が変わったり、自分でも知らなかった自分のことを知ってショッ…

もし私がDJをするのならば今掛けるセトリ。

夕映/GOOD ON THE REELバウムクーヘン/フジファブリックSunrise (re-build)/ぼくのりりっくのぼうよみSTAY/KEYTALKCold Sun/AimerM/サカナクションToneless Twilight/ストレイテナーディープブルー/秦基博alongside/BIGMAMA渚/スピッツイヤな事だらけの世の…

好きなバンドについて語ってみる。

お題「好きなバンド」多すぎて困るのだが、今回はピンポイントに絞って、何度も語っているスピッツについて語ってみよう。名付けて、「とげまるとさざなみCD、どっちが好き?」…いきなりとげまるとさざなみCD、どちらが好きかと言われたらすぐには決断できな…

まっすぐにさせる者の歌は悲しい世界に彩りを与える。

オルゴールのように流れる音楽が好きだ。何もかもに打ちひしがれた時、色んな思い出とともに音楽がよみがえってくる。そしてまた、勇気を得て、日常に戻る。ストレイテナーの音楽はそういった気分にさせる天才だ。あなたの心が打ちひしがれるぐらい切なく、…

売れるロックバンドを予測する。

リクエストがあったので、少し触れてみようと思う。売れるロックバンドには、少なからず共通項がある。 一番は「キラーチューンを一つ以上最初からもっているか」。その次に 「メッセージ性が強い、もしくは聞き手にその意図が分かる楽曲を持っているか」最…

個人的最新セトリ。

モーンガータ/アンテナムーンソング/Alexandros桃/スピッツ惑星ループ/ナユタン星人なつかしい人/HINTO朝焼けに/アルコサイト疑問疑答/感覚ピエロメランコリア/phonon唄う/WOMCADOLEVoice/雨のパレードだから僕は僕を手放す/WEAVER

読んだお気に入り本を列挙する。

朝井リョウ 「星やどりの声 (角川文庫)」朝吹真理子「流跡 (新潮文庫)」綾瀬まる「朝が来るまでそばにいる」「やがて海へと届く」いしいしんじ「プラネタリウムのふたご (講談社文庫)」「ぶらんこ乗り (新潮文庫)」伊坂幸太郎「砂漠 (新潮文庫)」「チルドレ…

あるバンドマンが辿った読書の軌跡。

それは、偶然というしかなかった。彼の文章と音楽に出会った時、私は恐れ慄いた。あまりにも、今まで読んだ本や音楽と考え方が違っていたので。他のアーティストとはかけ離れた世界観を持っていたから。★十九歳の地図 (河出文庫 102B)★カッコーの巣の上で (…

死を悼む二人の者たちについて。

ストレイテナーの物語は悲しむことに重点を置いた話が多い。以前にも記事として書いた78-0にも、明くる日のピエロにも言えることで、ネクサスに収録されているLightningには主人公の体が消えることが仄めかされている通り、そこには何者かの死の趣が濃い。死…

心の弱さと引き換えの強靭な物語。

心が弱い人は、その引き換えに強い物語を生み出すことができる。それは他の誰にもできない素晴らしい「才能」だ。周りの悪い人に振り回されることがなければ、彼らは究極の結果を残すだろう。今、自分は人とは価値観や感覚が違うと思っている人へ。出来ない…

少年性を秘められた物語を探す。

少年性を秘めた作品は消費されにくい。と同時に、危うい。純粋であるがゆえに、いつ何かの衝撃に耐えかねて崩壊してしまうか分からないからだ。例えば、それはスピッツ。初期のサカナクション。現在のストレイテナー。砂糖を甘く煮詰めたような音楽。分かり…

セトリ至上主義。

セトリ(セットリスト)の選曲と、アルバムの選曲にこだわるのが昔からの習慣だ。なぜこだわるのか。単純だが、自分が好きな曲を演奏してほしいからに他ならない。だから今年、二、三のアーティストが最高傑作のアルバムを作っているので、羨ましくてならな…

消費されない作品を作るためのただ一つの決まりごと。

昔から考えてきたことがある。消費されない作品を作るために欠かせないのは、死の匂いだと思う。死の匂いがなければ、長く続く作品は作れない。ふらりとどこかに消えてしまうような儚さ。今日行ってくると挨拶をした人が、何日経っても戻ってこないような感…

ライブ後の興奮の熱が冷めやらぬ中で。

久しぶりに「ハコ」に行ってきた。そこで目にしたのは、純粋に音楽を楽しむバンドマンの姿だった。素のままの、策略とかなにも関係なしに、ただひたすら「かっこいい」を貫く姿。煙草の香りが立ちこめ、時刻を告げる青白いネオンがぴかぴかと輝いていた。天…

本を手に取る

夏の図書館は骨の張り付くようなにおいがする。多分消毒液の香りだろう。飛水、パラレル、流跡を借りる。長いこと読みたかったこちらあみ子を読む。新刊もあったな、この作家。川上未映子の水瓶の女の子が砕けてしまうシーンが凄く良かった。小野正嗣を読み…