読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考は揺らめく道化師の羽

読んだ本と琴線に触れた音楽を綴る場所。かつて少年だった小鳥にサイネリアとネリネの花束を。

私が追い求めているものの定義

どうして私は過去に戻ってゆくのが好きなんだろう。自分が子供のころから「懐かしい」という感覚はあって、それがなんとなく今に至るまで染み付いているような感じだろうか。レトロ、でもない、別の何か。レトロに少し感覚は近いのだけれども。いや、それは…

皮肉屋と言われたのなら、少し説明を加えればいい。

皮肉屋だとよく言われる。自分ではそう言った覚えは全くないのに、気が付いたら周りを困らせている。私にとっては面白いものでも、周りの人にとっては不快なことも多々ある。「論理的ですね」と「皮肉屋ですね」というのは同じ意味だ。もしかすると皮肉と哲…

博物館とか、過去に返る場所についての話。

過去に返ってゆくような場所が好きだ。学校の玄関にあった剥製や郷土の品々を詰め込んだガラスケースや、博物館の展示品。ボタニカルアート。植物が絡みついた庭。貝殻を高い値段で売っている店。と、それをなんとなく手に取る私。古びた自転車が投げ捨てて…

pinterestが好き。

最近はもっぱらPinterestにいる。詳しくはこの画像をチェックしてほしい。Pinterestの概要が一枚の絵で分かるインフォグラフィック | infographic.jp − インフォグラフィックス by econte 好きなものをただひたすら貼り付けている。ただそれだけのSNS。なの…

比較しないために、自分に課すこと。

もういい加減比較するのを止めたい。だから、文句をつけるのを止めることをここで決意したい。変わらないままずっと小言を言う暇があったら、自分がそこまでできているのか確認。案外自分は全くできていないことが多いから。気づいたら恥じてやり直し。ああ…

打ちひしがれた。

才能って何だ。個性って何だ。何かを生み出す能力っていったい何なんだ。まったく分からない。昨日もこのことが気になって悔し涙を流した。ずっと悩んでいる。自分ができることはいったい何なのだろう。能力もない、自分がやっても他の誰かの方が一枚も二枚…

あなたは本を一冊も読まないような愚かな人にならないでほしい

私が生きてきて一番痛切に思うことがある。 それは、「本をジャンル関係なしに読んでおくべきだった」ということだ。 子どものころからもっとたくさん本を読んでおけばよかった。 面白い本や、人生を変えてくれる素晴らしい本に一冊でも多く出会うべきだった…

初めまして。

初めまして。鶯原千鳥(うぐはらちどり)と申します。 このたび、ブログを作ることにしました。 よろしくお願いします。 実用的な本と自分が好きな音楽について選んで書いていけたら良いと思っています。 あくまでもここで取り上げている音楽や本は個人的に…